プエラリアサプリの副作用

MENU

プエラリアサプリの副作用ってどんなことが起こる?

肌荒れ

 

プエラリアのサプリは手軽に始められる便利なアイテム。
でもよく耳にするのがプエラリアの過剰摂取による副作用です。
不快な症状を避けてスムーズな効果が見られるように、副作用について知っておくのも大切ですね。

 

副作用にはどんな症状があるの?

プエラリアサプリの過剰摂取による副作用にはこんな症状が。

  • 頭痛
  • 吐き気
  • 腹痛
  • 胃の不快感
  • 下痢・便秘
  • 肌荒れ
  • オイリー肌になって吹き出物ができやすくなる
  • 生理不順、不正出血

などが挙げられます。

 

プエラリアのサプリで肌荒れが起きたという口コミを見ることがありますが、それも副作用の一つです。
また、もともと生理不順気味の人がプエラリアを飲んで生理が軽くなることもありますが、その逆になることもあります。
生理不順がひどくなるというケースもあるので、体調をみながら服用するのがお勧めです。

 

→おすすめバストアップサプリはこちら

 

副作用の原因は?

大豆イソフラボンはプエラリアと同じように女性ホルモンに作用しますが、プエラリアはイソフラボンの40倍も強い効果を持つ成分です。
プエラリアに含まれているエストロゲンの活性作用が強いため、人によってはこのような副作用が出てしまいます。
もともと女性ホルモンが整っている人がプエラリアのサプリを摂ると、エストロゲン量が過剰になって副作用が現れやすくなります。
女性ホルモンのバランスが崩れてしまい、効果が半減するのは残念ですよね。
プエラリアのサプリを使用する時は多少副作用のリスクがありますが、上手に使いこなすコツをつかんでいけるといいですね。

プエラリアサプリを副作用の心配なく飲むには?

バストアップに劇的な効果が見られることもあり、プエラリアを試してみたいという方も多いはず。
でも心配なのが時々耳にする副作用です。
プエラリアは強力な成分なので、デリケートな女性の体に大きく作用します。
サプリは手軽に始められますが、副作用が起きないような飲み方を知っておくと戸惑うことも少なくなるでしょう。

 

副作用が起きないために

早く効果を出したいので多めにサプリを飲んでみる、という人も中にはいるかもしれません。
でもプエラリアのサプリに関しては、それは注意したい点の一つ。
一日の摂取量は400mgまでという目安があり、それを超えると副作用が起きやすくなります。
それを防ぐには摂り過ぎに気をつけること。

メーカーが定めている一日の摂取量をきちんと守ることで、副作用の不快な症状を避けられます。

摂取量を守っても副作用の症状が続くならば、量をさらに減らしてみるなど飲み方の工夫も必要です。

 

もともと女性ホルモンが正常に分泌されている人がプエラリアのサプリを飲むと、エストロゲン量が過剰に。
その結果女性ホルモンのバランスが崩れてしまい、副作用が出るということになってしまいます。
そのような場合、少ない量から始めるという飲み方なら安心して続けられます。

 

高い効果を持つプエラリアサプリを上手に使いこなして、副作用の心配なく飲み続けたいですね。

 

→サプリメントでバストアップ